アチーブメントテクノロジー=達成の技法
8年間、徹底的に「アシーブメントテクノロジー」すなわち「成就・達成の技術」を学んできました。

そして今、様々な法人、組織においてアチーブメントテクノロジーをお伝えする研修をさせて頂いています。


 
願望実現
この2ヶ月間、ハードワークしています。

20代、30代、40代を振返ると確かによく働いてきたと思います。

土曜、日曜出勤もあたり前でしたし、長時間労働をしてきました。
年に3日しか休まない時期もありました。

しかし、今が最も集中して働いているように感じています。

次なる目標達成、そしてビジョンの実現の為に
毎日チャレンジしています。


 
表彰していただきました
先日JPSAコンベンションにおいて
プロスピーカー勤続5年賞、プロスピーカー特別賞の表彰をして頂きました。

今回はJPSA南東京支部で一緒に活動しているRバーガーの坂田健社長が、
プロスピーカー新人賞を
そして、早瀬 徹 シニアプロスピーカーが
プロスピーカーMVP賞を受賞され、二重の喜びとなりました。



今までの活動が評価された事をたいへん嬉しく思います。

またアチーブメントクラブニュースvol.115にて
エグセクティグプロスピーカー合格の特別インタビューが掲載されました。



この内容は、下記のサイトに詳しく記載されています。
http://www.jpsa.net/column/interview01.html

これからもJPSAの活性化と
選択理論とアチーブメントテクノロジーの普及により一層尽力してまいります。

今まで支援して頂いた皆様、研修を担当させて頂いた企業様に感謝し、
組織改革プロジェクトを推進してまいります。

 
信念
巨星、墜つ。


彼は“信念”の人でした。

彼が世に送り出した製品には、所有する喜びがありました。
彼の創造性を尊敬し、あこがれてきました。

10月5日、アップル創設者スティーブ・ジョブス氏が永眠されました。



公式の場に登場した彼が、別人のように痩せ細っているのを見たときから、
いつかこの日が来ると覚悟していましたが、やはりショックです。

体調を崩した後も、新製品発表会でのプレゼンテーションは相変わらず魅力的でした。


私が初めて所有したMac製品は、Power Mac でした。
その次は iMac を購入しました。

一時は使用するソフトの関係でWindowsのデスクトップやノートを使い始めましたが、
「いつかはまたMac!」 とずっと思っていました。

3年前に ipod touch を所有し、
そして、ようやく念願叶って一昨年家のパソコンは MacBook Pro になり、iphone ユーザーにもなりました。
昨年は ipad を使い始め、ノートPC を毎日持ち歩くスタイルから解放されました。

私の Mac 製品所有の歴史を振り返ると、
当時の仕事のこと、友人のこと、などなどいろいろなことが思い起こされます。

SNSなどのハンドルネームは steve、またはスティーブ、を多く使ってきました。


「Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」

私の好きな言葉で、
スタンフォード大学の卒業式で彼の行った有名なスピーチの最後のメッセージです。


 
目的を明確にする
「あなたの人生の目的は何ですか?」

と聞かれた時、即答出来る人は5%だそうです。

では、95%の人に目的は無いのか?
そんなことはないと思います。

あるんだけれど、、、、さっと言葉にできない、
つまり明確ではないということでしょうか?

自分の目的、ビジョンを明確にすること 人に伝えることは大切だと思います。

人に話しているうちに 自分の決意が高まります。
そして 協力者や支援者、同志が現れます。

私の目的の一つは、
妻を幸せにすること。

幸せかどうかは彼女の解釈なので私にはコントロールできません。

しかし、私は妻の願望を叶えることを私の願望にしています。

10月4日は15回目の結婚記念日でした。 
妻に感謝し、あらためて決意しました。
 
願望
選択理論心理学では、
私たちの5つの基本的欲求を最も満たすイメージ写真が沢山入っている場所を
「上質世界」といいます。
そこには、一緒にいて楽しい人、楽しみを得ることができるもの、
あるいは大切にしている価値観や考え方などが入ります。
それは一人ひとり違い、固有のものです。

私と次男の上質世界には“サッカーをする”“サッカーを観る”という共通のイメージ写真
すなわち願望が入っています。

今日は二人で日産スタジアムで横浜マリノスVSベガルタ仙台の試合を観戦し、
願望を満たしました。



応援していたマリノスは1−3で負けてしまったので、
その点での願望は満たせませんでしたが、
ワールドカップの決勝戦を行ったスタジアムで
沢山のサポーターの大声援の中で行われるプロの試合を間近に観る
という願望が手に入り、楽しみの欲求は満たされました。

次男は「また行きたい」と言ってくれていますので、
私の愛と所属の欲求も満たされました。

次男の次の願望は中村俊輔選手からサインをもらうことです。

 
世田谷で一番?
「今シーズン処理した中では世田谷で一番かも」

今日、世田谷区に依頼してベランダの下にできた大きな蜂の巣を
取り除いてもらった時に業者の方がそう言っていたそうです。

蜂の巣には100匹以上の成虫が群がっていたようですが、
なぜかスズメバチも混じっていたようです。



この巣のサイズは3ヶ月ものだそうです。

危険な作業をしていただいた業者の方々に感謝します。
 
新しいスタート
8月18日に日本プロスピーカー協会エグゼクティブプロスピーカー試験に合格しました!



8年間の継続学習と日々の研鑽の結果、ようやく辿り着きました。

しかし、ここは通過点だと思っています。
目指す目的地はまだまだ先です。

そして私は未だ“守破離”の“守”であり、これからももっと“守”を極めて行きます。

お祝いのメッセージを沢山頂きました。
ありがとうございました。

友人から
「10年程前初めてお会いしたときから一貫して目先の利をを追わない姿勢、素晴らしいです。」
というメッセージをもらいました。
見ていてくれたことを嬉しく思うと同時に
これからもぶれない生き方をして行くことを決意しました。


 
声に出そう!
引き寄せの法則 などと言われることがあります。

曰く、似たものを引き寄せる とか 願うことが現実になる とか。

 こんな人間になりたい。

 こんな人と会いたい。

 こんな仕事をしたい。

 こんな人たちと一緒に仕事をしたい。 

 こんな家庭を作りたい。

 こんな人生を送りたい。

どんどん口にするといいと思います。

色々な人に話すといいと思います。

そうすると知らず知らずに“そういう人”に相応しい自己イメージが出来上がり、
相応しい思考、相応しい行動が伴いだしてきます。

徐々に現実が作られてきます。


「未来を知るものはその未来を創り出す者自身である」
          青木仁志著「成功の秘訣」より


 
元気をもらいました!
コーチをしている小学校5年サッカーチームの公式戦が夕方からありました。


夕方になっても蒸し暑い中での20分ハーフの試合です。

8人制なので選手一人ひとりの動きも多くなります。


相手は神奈川の強豪チームでした。


ところが試合が始まると圧倒的に押されながら少ないチャンスをものにして

いきなり2点リードしました。

キーパーも安定しているし、「こりゃ勝てちゃうかも」と淡い期待が生まれます。


前半を2−1で終了し大健闘!


こちらの2点は絶対的なエースストライカー背番号10の得点です。

ここまで聞くと、10番はどんな子供を想像します?

やんちゃですばしっこい男の子でしょうか?

実は女の子です!


飛び出したキーパーと競り合ってボールを奪うと無人のゴールにループシュート。

ドリブルからシュートコースを作ってポストに当たって入ったミドルシュート。

お見事です!!


しかし流石は強豪。後半は見事に立て直してきました。

こちらはメンバー全員を出す方針でしたので、キーパーを含む守備陣が変わると3失点し、

2ー4で負けました。


しかし負けたとはいえ、蒸し暑い中最後まで走り、体でシュートを防ぎ、

ボールを廻されても追いすがり、集中力が途切れなかったことに感服しました。


公式戦後もう一試合同じ相手と練習試合を行いましたが、

今度も2−2で大健闘、感激です。


2試合目も少ないチャンスを活かして得点し、

ディフェンスはファイトしていました。


中でも将来の「なでしこジャパン」候補、背番号10のエースは、

2試合通して4本のシュートで3得点。

入らなかったシュートもクロスバーに当たっていました!


ほんとに逞しく成長した子供達を見ていると心打たれ、

元気をもらいました!


実力に勝る相手に堂々と勝ちにいった子供達に感動しました。


帰り際にエースストライカーから「コーチの言った通りに動いたら3点目が取れた」

と言われて満たされました(o^^o)v