自分の出来ること
最近友人のFacebookで紹介されていた秋元康さんのメッセージが素晴らしいと思いましたので
紹介させていただきます。
↓↓↓

秋元康がgoogle+で、AKB48の「非」選抜メンバーに贈った言葉
***************************

成功するためには、何が必要か?

………運です。

僕はこの38年間、スターと呼ばれる人たちを見て来ました。
僕も何人もプロデュースして来ました。
そこで見たものは、運です。
どんなに実力があっても、運がないとスターにはなれないのです。

じゃあ、努力をしていても無駄なのか?
努力は報われないのか?
そんなことはありません。
努力は必要です。
言い方を変えれば、努力は成功するための最低条件です。

みんな、必死に努力して、じっと、チャンスの順番を待つしかないのです。
大ベストセラー「もしドラ」を書いた岩崎夏海は、僕について16年後に成功しました。
僕のドライバーをやっている時も、ずっと、小説を書いていたんですよ。

いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。
自分の境遇の悪さだけを嘆いていても始まりません。

頑張れとしか言えないんだ。

僕がチャンスを作っているのではありません。
僕からのチャンスを待っている間はだめですね。
「私だって選抜に入れば…」
「私だってドラマに出れば…」
「私だってコマーシャルに出れば…」
それがチャンスだと思っているかもしれませんが、それは違います。

それは、チャンスの出口です。
みんなに見つけて欲しいのは、チャンスの入り口です。

例えば、松井咲子。
彼女のチャンスの入り口は、音大に入ったことです。
趣味の域を越えているから、代々木でコンサートをやった時、
「ポニーテールとシュシュ」を弾いてもらったのです。
「TEPPEN」にも繋がり、ぐぐたすで、さらにブレイクしたということです。

アルバムを出すのは、チャンスの出口です。
このアルバムを名刺がわりにどう進むか?です。

選抜も、コマーシャルも、番組も、僕が一人で決めているわけではありません。
最終決定権は僕にありますが、いろいろなスタッフの意見を聞きます。
そこに、もっと、いろいろな名前が出て欲しいんですよね。
つまり、松井咲子のような小さな努力や運が見えて来ないんです。

今の自分にできることを考えなさい。
 
新年を迎えて
明けましておめでとうございます。

年頭にあたり、今年のテーマを考えてみました。

今年は「誠実」をテーマとします。

これは今年に限ったことでは有りませんが、昨年誠実であったことを評価して頂けたことをうけて、
これからも期待に裏切らないよう誠を尽くしてまいります。

思えば今まで、経済効率や目先の利益、容易さを求めないで生きてきました。
遠回りもしたかもしれません。損もしているかもしれません。
しかし、信頼は少しずつ積み上げられて来たかなーと思います。

20代の頃間違った成功を目指していた時に付き合っていた人たち、30代仕事で成果ばかりを追い求め自分勝手生きていた時に周りにいた人は、
ほとんどいなくなりました。

今、信頼出来る仲間、友人が周りに多くなりました。
そして皆さん向上心が強く、勤勉で、向学心を持ち、本質的で、高い実績を出されている方々です。
その方々とこれからもお付き合い頂く為にも「誠実」であることを忘れずに生きて行きます。

私にとっての誠実さとは、
単に思いやりがある人というだけではありません。
相手の立場に立つことができ、信頼される人であり、
人にも自分にも噓偽り無く生きている人です。

“相手の立場に立つ”
すなわち相手の願望を自らの願望とし、実現を共に喜びとする
生き方を目指します!