信念
巨星、墜つ。


彼は“信念”の人でした。

彼が世に送り出した製品には、所有する喜びがありました。
彼の創造性を尊敬し、あこがれてきました。

10月5日、アップル創設者スティーブ・ジョブス氏が永眠されました。



公式の場に登場した彼が、別人のように痩せ細っているのを見たときから、
いつかこの日が来ると覚悟していましたが、やはりショックです。

体調を崩した後も、新製品発表会でのプレゼンテーションは相変わらず魅力的でした。


私が初めて所有したMac製品は、Power Mac でした。
その次は iMac を購入しました。

一時は使用するソフトの関係でWindowsのデスクトップやノートを使い始めましたが、
「いつかはまたMac!」 とずっと思っていました。

3年前に ipod touch を所有し、
そして、ようやく念願叶って一昨年家のパソコンは MacBook Pro になり、iphone ユーザーにもなりました。
昨年は ipad を使い始め、ノートPC を毎日持ち歩くスタイルから解放されました。

私の Mac 製品所有の歴史を振り返ると、
当時の仕事のこと、友人のこと、などなどいろいろなことが思い起こされます。

SNSなどのハンドルネームは steve、またはスティーブ、を多く使ってきました。


「Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」

私の好きな言葉で、
スタンフォード大学の卒業式で彼の行った有名なスピーチの最後のメッセージです。


 
目的を明確にする
「あなたの人生の目的は何ですか?」

と聞かれた時、即答出来る人は5%だそうです。

では、95%の人に目的は無いのか?
そんなことはないと思います。

あるんだけれど、、、、さっと言葉にできない、
つまり明確ではないということでしょうか?

自分の目的、ビジョンを明確にすること 人に伝えることは大切だと思います。

人に話しているうちに 自分の決意が高まります。
そして 協力者や支援者、同志が現れます。

私の目的の一つは、
妻を幸せにすること。

幸せかどうかは彼女の解釈なので私にはコントロールできません。

しかし、私は妻の願望を叶えることを私の願望にしています。

10月4日は15回目の結婚記念日でした。 
妻に感謝し、あらためて決意しました。