自分の強み
自分の強みはなんでしょうか?

強みを活かしていますか?


マーカス バッキンガム著の「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」によると、
私の強み上位5つは、

〇Maximizer/最上志向 

〇Focus/目標志向

〇Woo/社交性

〇Activator/活発性

〇Positivity/ポジティブ

だそうです。




また、別の本では、

インプットは左脳、アウトプットは右脳、だそうです。


そして、得意(喜びや充実感を感じながら行える)タスクは、

◎インストラクション/双方向的な対話を用いて、相手の動機付けを促す

◎プレゼンテーション/多彩な表現によって、自らの考えを伝達する

◎アイデア生成/ひらめきや直観をベースに、価値創造を拡げる

だそうです。


今の仕事にストレスがほとんどないのは、私の強みを活かせるからだと納得しました。


自分の強みを活かし、使命を全うし、社会に貢献できる。

それを天職と呼ぶのでしょうか。
 
リスペクト
先週行われたサッカーEURO2012スペインVSイタリアの決勝戦は、予想外に4‐0の大差でスペインが勝ちました。

イタリアは前半で0-2とリードされた上に、後半は3人の交代選手枠使い切ったところで怪我人が出てしまい、
10人で世界王者のスペインと戦わなくてはならなくなってしまい、さらに2失点しました。

今回はイタリアが決勝まで2日しか間隔が無かったのに対し、スペインは3日間。
コンディションにハンディーがあったのかもしれません。

試合終了前に、アディショアルタイム(正規の競技時間以外にロスした時間を試合に追加する長さ)が3分と表示されましたが、
もはやイタリアに反撃する戦意も体力も残っていないようにみえました。

残り3分間で、相手に奪われないようにボールを回し続ける技術では世界一のスペインからボールを奪い
1点取るだけでも困難なのに、4点以上奪うことは不可能です。

スペインのGKカシージャスが審判に大声でアピールしている画像がwebにアップされています。

http://news.livedoor.com/article/detail/6724789/

カシージャスは、
「ライバルに敬意を」
「イタリアに敬意を」
「4−0なんだ」
と叫んでします。

つまり、「もう試合を終えよう」と言っているのです。

日本人は、
勝負は最後まで戦うべき、
手を抜くのは相手に失礼、
と考えるかもしれません。

しかし、今回のカシージャスの言動は、彼の人間性の表れだと確信しました。

なぜならば、試合終了直後に勝利を喜び合うスペインチームの輪に彼はいませんでした。



その時カシージャスは、
敗れたイタリアチームの選手一人一人と挨拶を交わし、健闘を称えていたのです。

“敬意”=“リスペクト”を示していたのです。
 
【人種差別・意訳 ENGLISH/JAPANESE】実際にあった話

50代とおぼしき妙齢の白人女性が機内で席につくと
彼女は自分の隣が黒人男性であるという事に気がついた

周囲にもわかる程に激怒した彼女はアテンダントを呼んだ

アテンダントが「どうなさいましたか?」と訊くと

「分からないの?」とその白人女性は言った
「隣が黒人なのよ。彼の隣になんか座ってられないわ。席を替えて頂戴」

「お客様。落ち着いていただけますか」とアテンダント
「当便はあいにく満席でございますが
今一度、空席があるかどうか、私調べて参ります」

そう言って去ったアテンダントは、数分後に戻って来てこう言った
「お客様、先ほど申し上げましたように、
こちらのエコノミークラスは満席でございました。
ただ、機長に確認したところ
ファーストクラスには空席があるとのことでございます」

そして、女性客が何か言おうとする前に、アテンダントは次のように続けた

「ファーストクラスに席を替えるという事は通常行っておりませんしかしながら、或るお客様が不愉快なお客様の隣に座って道中を過ごさざるをえない、
という事は 当社にとって恥ずべき事となると判断いたしますので
当然事情は変わって参ります」

そして黒人男性に向かってアテンダントはこう言った
「ということで、お客様、もしおさしつかえなければ
お手荷物をまとめていただけませんでしょうか?
ファーストクラスのお席へご案内します」

近くの乗客が、歓声をあげるのを
その白人女性は呆然と眺めるだけであった
スタンディングオベーションを送る者もいた

【人種差別に反対の人はシェアしよう】

This really happened wow

A 50-something year old white woman arrived at her seat and saw that the passenger next to her was a black man.

Visibly furious, she called the air hostess.

"What's the problem, ma?" the hostess asked her

"Can't you see?" the lady said - "I was given a seat next to a black man. I can't seat here next to him. You have to change my seat"

- "Please, calm down, ma" - said the hostess "Unfortunately, all the seats are occupied, but I'm still going to check if we have any."

The hostess left and returned some minutes later.

"Madam, as I told you, there isn't any empty seat in this class- economy class. But I spoke to the captain and he confirmed that there isn't any empty seats in the economy class. We only have seats in the first class."

And before the woman said anything, the hostess continued

"Look, it is unusual for our company to allow a passenger from the economy class change to the first class. However, given the circumstances, the commandant thinks that it would be a scandal to make a passenger travel sat next to an unpleasant person."

And turning to the black man, the hostess said:

"Which means, Sir, if you would be so nice to pack your handbag, we have reserved you a seat in the first class..."

And all the passengers nearby, who were shocked to see the scene started applauding, some standing on their feet."

SHARE IF YOU ARE AGAINST RACISM!
 
講演情報
HRカンファレンス2012で講演を行います。
http://hr-conference.jp/09/program2.html#D3

□講演テーマ
現場が変わる本当の組織改革
~8000名企業に変革をもたらす半年間の教育プログラム

□講演内容
『研修は成果が出ない!』 近年研修業界ではこのようなことが叫ばれるようになりました。
その理由は、情報過多・ネガティブな考え方・学習フォローの欠如の3つであると言われています。
私たちは人材教育のプロとしてこの課題解決に挑み、さまざまな企業に教育プログラムを提供してきました。
本セミナーでは、実際に現場が変わった事例を基に3つの理由を解決する教育体系と学習フォロー制度の設計・運用法についてお伝えします。

 
私たちは何に動機付けられるのか?
なるほど! これだ!!
思わず膝を叩いた画像をご紹介しますにかっ

http://www.youtube.com/watch?v=2lXh2n0aPyw&feature=player_embedded" target="_blank"
エスカレーターの混雑解消

http://www.youtube.com/watch?v=cbEKAwCoCKw&feature=player_embedded" target="_blank"
環境美化

楽しく行動出来る仕組み。欲求を満たせるシステム。
結果、気がついたら成果が出ている 理想的な状態ですね。

 
私も講師をします!/白熱アカデミー
上部頸椎カイロ施術者アカデミー《白熱アカデミー》二期生募集!



◎第2期生募集!!〈2012年4月〜2013年3月〉
 青梅の片田舎で、年商6000万円を一人で稼ぐと話題に
なった伝説の治療師で、「奇跡の治療院経営」(DVD3枚セット6月リリース)
出演の島崎広彦が主催する上部頸椎カイロプラクティック・施術者養成アカデミー
(白熱アカデミー) 第二期生募集!!

◎見学会開催中
 目指せ島崎二世! 熱き心と向上心、そして学びの精神をお持ちの方々に
只今、技術・知識・マインドを習得出来る三位一体型白熱アカデミーの
見学会を実施中。いち早く講師陣の熱意と学びに飢えた生徒さんたちの白熱
した授業をシェアしてみませんか。

 ★島崎先生      上部頸椎 担当(木曜日 AM10:30~PM5:30)

 ★丸山トレーナー   成功する治療家マインド/トレーニング&コンサルティング
           コミュニケーション 目標達成力、 成功する時間管理術担当
           (日曜日 AM10:30~PM5:30)

 ★中田DC       カイロ全般・解剖学担当(日曜日 AM10:30~PM5:30)

 見学(約30分) 詳細の時間につきましては要相談
  ※要予約(お電話・メール・FAXにて受付致しております)
  お気軽にお問い合わせくださいませ。
  ご質問も随時受付けております。

◎見学会予約申込み TEL :03-5919-1255  Mail:info@willone.jp  
          FAX :03-5919-1502
(株)ウイルワン上部頸椎カイロ施術者アカデミー事務局 内山宛

 
anyway それでも



人は不合理で非論理的で、利己的です。
それでも人を愛しなさい。

もしあなたがよく振る舞えば、人はあなたはわがままだ、裏に何かあるのかと責めます。
それでも良い行いをしなさい。

もしあなたが成功していれば、あなたは偽りの友と本物の敵を作るかもしれません。
それでも成功しなさい。

あなたの良い行いも明日には忘れ去られてしまうかもしれません。
それでも良い行いをしなさい。

正直さと素直さはあなたを傷つけるかもしれません。
それでも正直で素直でありなさい。

偉大の人間による偉大な考えは、時として最も稚拙な意見によって潰されてしまうかもしれません。
それでも偉大でありなさい。

人々は口では勝ち目の無い方を応援していても、結局は勝った方につきたがります。
それでも勝ち目のない少数の人の為に戦いなさい。

あなたが何年もかかって築いてきたものが一晩で崩されてしまうかもしれません。
それでも築き続けなさい。

人は本当は助けが欲しいのですが、あなたが助けを差しのべると、あなたを攻撃するかもしれません。
それでも人を助けなさい。

世界にあなたのもっているベストを尽くしても、それでも足らないと批判を受けるかもしれません。
それでも世界に対してあなたのもっているベストを尽くしなさい。

(カルカッタの孤児の家の壁に書かれた言葉より)

 
夢のような出来事
最近楽しみなのがブンデスリーガで活躍するドルトムントの香川真司選手の活躍です。

チームの中心選手として活躍し、毎試合のように得点にからむ活躍をしています。
スポーツニュースを見るたびにワクワクします。

そしてとうとう「1月の欧州ベストイレブン」に選出されました!!

ーーーーーーーーーーーーーー
以下 http://www.soccer-king.jp/news/germany/article/201202051730_shinji_kagawa.html 記事より

ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司は、ドイツ誌『キッカー』が選出する「1月の欧州ベストイレブン」に選ばれた。

 香川は年明けから絶好調。1月に行われたリーグ戦2試合で先発出場し、2得点1アシストを記録した。ゴールやアシスト以外にも攻撃の組み立てやバイタルエリアでのアクセントをつける動きでチームの攻撃をけん引。2得点を記録した第19節には、同誌の採点で「1」(最高点1、最低点6)という極めて高い評価を受け、同節のMVPに選出されていた。

 なお、香川の他にはバルセロナのアルゼンチン代表MFリオネル・メッシや、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらが名を連ねている。


■『キッカー』誌選定の月間欧州ベストイレブン
GK
イケル・カシージャス(レアル・マドリード)
DF
カルレス・プジョル(バルセロナ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
エリック・アビダル(バルセロナ)
MF
メスト・エジル(レアル・マドリード)
アンドレア・ピルロ(ユベントス)
香川真司(ドルトムント)
マルコ・ロイス(ボルシアMG)
FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
ロビン・ファン・ペルシー(アーセナル)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
 
自分の出来ること
最近友人のFacebookで紹介されていた秋元康さんのメッセージが素晴らしいと思いましたので
紹介させていただきます。
↓↓↓

秋元康がgoogle+で、AKB48の「非」選抜メンバーに贈った言葉
***************************

成功するためには、何が必要か?

………運です。

僕はこの38年間、スターと呼ばれる人たちを見て来ました。
僕も何人もプロデュースして来ました。
そこで見たものは、運です。
どんなに実力があっても、運がないとスターにはなれないのです。

じゃあ、努力をしていても無駄なのか?
努力は報われないのか?
そんなことはありません。
努力は必要です。
言い方を変えれば、努力は成功するための最低条件です。

みんな、必死に努力して、じっと、チャンスの順番を待つしかないのです。
大ベストセラー「もしドラ」を書いた岩崎夏海は、僕について16年後に成功しました。
僕のドライバーをやっている時も、ずっと、小説を書いていたんですよ。

いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい。
自分の境遇の悪さだけを嘆いていても始まりません。

頑張れとしか言えないんだ。

僕がチャンスを作っているのではありません。
僕からのチャンスを待っている間はだめですね。
「私だって選抜に入れば…」
「私だってドラマに出れば…」
「私だってコマーシャルに出れば…」
それがチャンスだと思っているかもしれませんが、それは違います。

それは、チャンスの出口です。
みんなに見つけて欲しいのは、チャンスの入り口です。

例えば、松井咲子。
彼女のチャンスの入り口は、音大に入ったことです。
趣味の域を越えているから、代々木でコンサートをやった時、
「ポニーテールとシュシュ」を弾いてもらったのです。
「TEPPEN」にも繋がり、ぐぐたすで、さらにブレイクしたということです。

アルバムを出すのは、チャンスの出口です。
このアルバムを名刺がわりにどう進むか?です。

選抜も、コマーシャルも、番組も、僕が一人で決めているわけではありません。
最終決定権は僕にありますが、いろいろなスタッフの意見を聞きます。
そこに、もっと、いろいろな名前が出て欲しいんですよね。
つまり、松井咲子のような小さな努力や運が見えて来ないんです。

今の自分にできることを考えなさい。
 
新年を迎えて
明けましておめでとうございます。

年頭にあたり、今年のテーマを考えてみました。

今年は「誠実」をテーマとします。

これは今年に限ったことでは有りませんが、昨年誠実であったことを評価して頂けたことをうけて、
これからも期待に裏切らないよう誠を尽くしてまいります。

思えば今まで、経済効率や目先の利益、容易さを求めないで生きてきました。
遠回りもしたかもしれません。損もしているかもしれません。
しかし、信頼は少しずつ積み上げられて来たかなーと思います。

20代の頃間違った成功を目指していた時に付き合っていた人たち、30代仕事で成果ばかりを追い求め自分勝手生きていた時に周りにいた人は、
ほとんどいなくなりました。

今、信頼出来る仲間、友人が周りに多くなりました。
そして皆さん向上心が強く、勤勉で、向学心を持ち、本質的で、高い実績を出されている方々です。
その方々とこれからもお付き合い頂く為にも「誠実」であることを忘れずに生きて行きます。

私にとっての誠実さとは、
単に思いやりがある人というだけではありません。
相手の立場に立つことができ、信頼される人であり、
人にも自分にも噓偽り無く生きている人です。

“相手の立場に立つ”
すなわち相手の願望を自らの願望とし、実現を共に喜びとする
生き方を目指します!